犬も高齢になると歩けなくなったり、耳が遠くなったり、目が見えにくくなります。

そして、場合によっては介護が必要となります。介護は楽ではありません。

だから、時にはイライラしてしまいます。

イライラ

高齢犬の世話は大変です

高齢者のお世話は大変ですよね。

これは、犬でも同じです。

どんな大変なことがあるでしょうか。

たとえば、頻尿になってしまった場合、散歩に連れて行く頻度を増やさないといけません。場合によっては夜中に連れて行かないといけなくなります。

もし、連れて行かないとおしっこをもらしてしまうので、掃除が必要となるんです。

かといって、おしめにすると嫌がります。犬もちゃんとおしっこをしたいのです。

また、高齢になって「ワンワン」と吠えることがあります。こうなると、飼い主や家族も眠れなくなるし、ご近所迷惑となります。

飼い主の負担が増加すると、飼い主も疲れてしまう

高齢犬になると世話をする時間が増えます。

そうなると、飼い主も疲れます。家族がいて協力をしてくれるなら負担は減りますが、ひとりで世話をしていると、疲れが増してイライラしてしまうことがあります。

なぜ、こんなに世話がかかるのか?と思ってしまい、怒りの感情がわいてくるんです。

挙げ句の果てに、「犬なんて飼わなきゃよかった」。

こう思ってしまう可能性もあります。

犬の介護、限界まで頑張らない方がいい

「犬の介護を最後まで看るのは、飼い主の役目だ」

これは正論かもしれません。

ですが、人間の介護と一緒で、飼い主が限界まで介護をする必要はありません。

介護負担が軽くなるように、改善をした方がいいです。

改善方法としては、

1、家族がいたら話し合いをして介護負担を分担する

2、介護サービスを利用する(有料です、老犬ホーム)

3、高齢犬を介護してくれる人に譲り渡す

4、介護グッズを利用して、介護負担が軽くなるようにする

5、etc

まとめ

犬の介護は、大変なのは確かです。

ですから、自分が無理だと思ったら頑張りすぎないことが大事です。

場合によっては、お金を出してプロの介護サービス業者に依頼した方がいいでしょう。

プロに依頼すれば、介護から亡くなってからのお葬式まですべて面倒を見てくれます。