犬が人を噛む

犬を散歩に連れて行く。これは、日常的なことです。

その時、ちゃんとリードを付けて犬がどこかに行かないようにしていますか?

もし、リードを付けてなかったりリードを付けていても犬が他人に近づいてしまって、人を噛んでしまったら、それは飼い主の責任となります。

愛犬が人を噛んだらとうしたらいい?

もし、愛犬が人を噛んだらどうすればいいのでしょうか。

噛んだ時の怪我の程度によりますが、噛んでも血が出なかったり、服の上からで怪我が全くないという場合は、謝罪して菓子折を持って行くことで、片がつくことが多いです。

しかし、噛まれた人によっては大騒ぎをして、病院に連れて行くはめになったとしたら、保健所に犬が人を噛んだことを届けることが必要となります。

病院で診てもらって、怪我がたいしたことがなかったら治療費程度で済みますが、場合によって賠償金を請求されることがあります。

これは、相手次第です。

相手の被害者意識が高いと、訴えられる可能性もゼロではありません。

大事なことは、誠意ある態度で噛まれた人に接することです。

対応の仕方次第で、穏便に済ませられるかトラブルに発展するかが決まります。

今は法律社会

昔だったら犬に噛まれたとしても、近所づきあいがしっかりあったし、犬が噛むことに対しての危機意識があまりなかったので、なあなあで済ませていたことでしょう。

しかし、今はちょっと違います。

もし、子供が犬に噛まれたらすごく大騒ぎをしてしまう親だっています。

そういう場合は、相手の気が済むまでトラブルが拡大してしまうのです。

飼い主としても、そういうリスクがあることをしっかり理解して、決して犬が人を噛まないように注意をする必要があります。

過去には、犬が人を噛んでしまって死亡して莫大な損害賠償が請求された事例もあります。

そうなったら、噛まれた人の家族も噛んだ犬の飼い主とその家族も、どちらも不幸です。

まとめ

犬を飼っている人がとても増えました。ですから、犬に関してのトラブルもとても増加してしまいました。

特に犬が人を噛んでしまうのは、大きな問題です。

滅多にはないことですが、飼い主は犬を散歩に連れて行く時には、必ずリードをしっかりつないで、目を離さない事が大事です。

特に小さな子供が犬に近づいてきたら、犬をしっかり抑えておくようにしてください。

トラブルは思ってもみないことから生じますから。