「犬を車に乗せたことがありますか?」

犬を飼っていると、そのような機会もあるかもしれません。

でも犬を車に乗せる時って、どのようにすればいいのでしょう。わかりますか?

犬と車

犬を車に乗せるのはどんな時か?

犬を車に乗せる機会は、どんな時でしょうか。

例えば、

・犬を連れて旅行に行くとき
・買い物に行くとき
・病院に連れて行くとき
・ドッグランに連れて行くとき
・etc

犬を車に乗せるのは、犬とどのように付き合っていくかによるので、家によって異なります。

頻繁に車に乗せるうちもあるし、ほとんど車には乗せないうちもあるでしょう。

また、そもそも車を所有してないなら、犬を乗せることはまずないでしょうね。

犬を車に乗せる時の注意

たまに、犬が窓から首だけを出している車を見かけます。

でも、これって危険です。

もし、人間の子供が窓から首だけを出していたら危ないですよね。万一、なにかとぶつかりでもしたら、ただの怪我じゃすみません。

なので、犬を車に乗せて移動する時には、犬が車の外には決して出ないようにすることが、大事です。

小型犬の場合であれば、キャリーバッグの中に犬を入れれば大丈夫です。たまに、小さな犬をバッグに入れて電車に乗っている人を見かけます。

実は、犬を電車に乗せるのは、日本の法律ではOKです。なぜなら、犬は物扱いとなるためです。

ですが、重さや大きさが電車の運営会社により決まっています。

たいていは、小型犬しか乗せられません。

ただし、盲導犬や介助犬は、大丈夫です。

また、犬を車に乗せると、車に臭いがついたり車が汚されてしまうことがあります。ですので、臭いを除去するスプレーや掃除道具なども一緒に持って行くといいです。

大きめの犬を車に乗せる場合の注意

小型犬の場合はバッグの中やゲージに入れたりします。

ですが、中型や大型の犬の場合はどうでしょうか。

ワンボックスカーなど大き目の車なら犬を乗せることができますよね。この時、犬が動き回るので、必ずリードで固定して動ける範囲を狭めることが必要です。

ドライブリードというドライブ用のリードなどを利用すると便利です。

また、ワゴンタイプの車なら、荷物室と人が座る席とを隔てるラゲッジネットなどを利用すれば、犬の進入を抑えることができます。

犬によっては、車に乗ると興奮してしまうので、このような配慮をしておくといいです。

まとめ

犬を車に乗せて出かけると、出かけたところで犬と時間を楽しめます。

ですが、何よりも大事なのは、車が安全に目的地に着くことです。

そのためにも、犬が運転の邪魔にならないように注意をすることは飼い主の責任です。

実際に犬を車に乗せていて事故がありました。事故になると加害者も被害者も不幸です。

ですので、犬を車に乗せる時には、事故を起こさないように細心の注意を払うことをおすすめします。

うちの場合、病院に連れて行く時だけリードをつないで車に乗せます。それ以外は乗せません。