愛犬はかわいいのでできるだけ自由にさせてあげたい。

確かに飼い主ならこう思うでしょう。でも放し飼いにしても本当にかまわないのでしょうか?

放し飼い

犬を放し飼いにすることのリスク

たまに犬を放し飼いにしている人を見かけます。

おとなしい犬だし、人に噛むこともないし、特に問題がないって思っているのでしょうね。

しかし、犬の放し飼いはリスクがあります。

実際に放し飼いの犬が、車の事故にあったことがあります。

また、放し飼いの犬が、小さな子供に噛んだこともあります。

この場合の責任は、放し飼いにした飼い主です。犬は責任をとれませんからね。

なので、このようなことがないように犬を外に連れ出す時には、飼い主が一緒にいないといけませんし、必ずリードでつないでおく方がいいです。

犬を飼うのは自由ですが、それには責任が伴うことを飼い主は、しっかり心に留めておかないといけません。

犬を放し飼いは、法律や条令で禁止されている

犬を飼う人がすごく増えました。

これによりトラブルがいろいろ起きています。ですので、法律や条令でも犬を連れて歩く時の取り決めがあります。

公園などには、「ペットなどを持ち込まないでください」などを書いてあります。ですが、実際は犬を連れて歩いている人を見かけます。まあ、人がいない時ならいいでしょうが、特に小さな子供がいる時はやはり犬などは連れて行かない方がいいです。

単に放し飼い云々だけでなく、犬が公園に行けば、おしっこやうんちもする可能性が高くなるし、それにより臭いがついたり、ばい菌などの原因になることもあります。

犬が社会で人と仲良く暮らしていく社会を築く

犬にだって生きる権利があります。ですが、やはり人が中心なのがこの社会です。

人に迷惑をかけるような飼い方はダメです。

ですから、犬を放し飼いにするのは、法律上だけでなく、一般常識としてダメです。

もし、放し飼いにするのであれば、放し飼いがOKなドッグランなどや、人がまったくいないような空き地でするべきです。

大事なのは、飼い主と家族、飼い犬、そして一般の人々が、平和的に暮らしていけるということです。

犬は人間と違って、道理や礼儀がわからないことがあります。もちろん、行儀がよくてすごくおりこうな犬もいますが、そうでない犬もいます。

だからこそ、決まりごとがあります。決まりごとがあるのは、それなりの理由があるのです。

まとめ

放し飼いにするのは、基本的にはダメです。

もしするなら、放し飼いが許可されている場所か、人がまったくいないところでするようにしましょう。

私の場合、犬を放し飼いには絶対にしません。やはり危険があるからです。