「あなたは犬を毎日散歩に連れて行きますか?」

犬の散歩も毎日だと大変です。でも、散歩って毎日やらないといけないのでしょうか?

犬と散歩

犬にとって散歩は?

犬にとって散歩はどのようなメリットがあるのでしょう。

・ストレス解消
・ダイエット効果
・筋力アップ
・環境変化による脳の活性化
・他の犬とのふれあいによる社会性の向上
・うんちやおしっこなどの排泄を気持ちよくできる

散歩に毎日連れているべき?

基本的に犬は、散歩が好きな動物です。

ですので、連れて行く方がいいでしょうね。

ただし、飼い主だって都合があり、連れて行けないこともあります。

そんな時には飼い主は誰か他の人に連れていってもらうといいと思います。

室内で飼う場合は、連れて行かなくてもいいという人がいます。

確かに、おしっこやうんちも室内でさせるのであれば、必要がないかもしれません。

ただし、散歩に連れて行かないことで、犬がストレスを抱えたり、健康を害する恐れがあることを知っておく方がいいです。

人も同じですが、室内にずっといたままだとストレスになります。まったく同じ環境にいるのですから当たり前ですよね。

ストレスが続くと、場合によっては、うつ病になってしまうこともあります。

なので、可能な限り毎日外に連れて行くことをおすすめします。

散歩に連れていく時間はいつがいいのか?

散歩に連れて行く時間ですが、これは飼い主都合でいつでもいいと思います。

ただ、なるべくなら同じ時間がよいでしょうね。犬もその方がストレスにならないし。

あと、どれぐらいの時間連れて行くかですが、これも長ければいいというものでもないですし、短すぎてもよくないです。

犬の体力、年齢などを考慮して判断するしかないでしょう。

散歩に連れていく回数

散歩ですが、1日に何回連れて行くのがいいでしょうか?

これも決まった回数はないです。

人によっては、1日に3回も連れて行くこともあります。これは排泄も兼ねています。

また、1日1回しか連れて行かない飼い主もいます。

回数については、飼い主の都合で決めてもいいと思いますし、犬の欲求があれば連れて行くのでもよいでしょう。

ただし、1日に散歩に連れて行く回数が増えると、飼い主は大変ですので無理のない回数がいいと思います。

まとめ

基本的には、犬は散歩に連れて行く方がいいです。

中には、「小型犬なら必要がない」、「飼い主の都合で決めてよい」という人もいます。

それは、それでいいと思います。

ただし、個人的には連れて行くほうがいいと思ってますし、それでうちの犬は、元気で健康です。

最終的には、飼い主が家族と相談して散歩に連れて行くかは決めればいいでしょう。