犬の喧嘩

犬を飼っていると毎日必要なことがあります。

それは、餌やり、散歩(トイレも含む)です。

散歩は、できれば毎日です。

小型犬の場合、散歩をさせないでトイレも家の中ってこともありますが、それってどうなんでしょうね。

犬の健康状態が悪くなると思いますよ。

やっぱり、歩くことで脚を鍛えれば、犬だって元気で長生きでいるはずですからね。

なので、私は散歩をしっかりさせることをおすすめします。

他の犬と鉢合わせして、吠えまくる

これってありがちなんですが、散歩すると必ず他の犬に出会います。

なぜか?

犬を飼っている家庭が多いんですよね、ほんと。

昔は犬を飼う家って今ほど多くなかったと思うのですが、ペットブームじゃないですけど、たいていの家で犬や猫などのペットを飼っています。

そして、今はマンションでもペット可能なところとか増えていますのでよけいペットが飼いやすくなっています。

また、高齢者が増えてペットで心を癒やすという目的の人も多いんじゃないでしょうか。その証拠に動物病院に行くと、年配の人が愛犬や愛猫を連れてきているケースが多いです。

犬と犬が会ったらどうなるか?

ほとんどの場合、お互いの犬もしくは片方の犬が吠えます。

これは、相手の犬をよく知らなくて怖いためです。

自分の身を守るために、吠えて相手を追っ払おうとしているんです。つまり、防衛反応です。

ですので、簡単には吠えるのはやめません。

仕方がないのでこういう場合、相手の犬との距離を遠ざけます。

距離がある程度離れると、安心して吠えることがやめますからね。

犬を散歩させる時の注意点

犬を散歩させる時、ただ漫然となく散歩させるとトラブルが起きる可能性があります。

なので、犬を散歩させる時は以下の点に注意するとよいです。

・散歩は毎日する
・犬の体調に応じて散歩の距離を変える
・子供には近づかない(吠えたり噛んだりする恐れがあるため)
・地面が熱い時間帯は避ける
・おしっこやうんち用のグッズを携帯
・迷惑がかからないところでおしっこやうんちをさせる
・拾い食いをさせない
・無闇に草むらに入らない(毛に虫や植物がくっつくため)
・飼い主より前を歩かせない
・他の犬に攻撃をさせない(吠えたり、噛んだりなど)
・etc

他にもあると思いますが、これぐらいは最低限守った方がよいです。

まとめ

犬の世界も人の世界と同じようにトラブルはつきものです。

ですから、なるべく波風を立てないように事前に準備をした方がよいです。

以前、うちの家族が散歩させていた時に近所の子供に噛みついたことがありました。

なので、慌てて菓子折をもって誤りにいったことがあります。

このようなトラブルはお互いに気持ちがよいものではありません。

ですので、犬を飼う時にはご近所や周りへの配慮も大事にしたいものです。