落ちでいるものを何でも食べてしまう

犬はとても食いしん坊です。

外に落ちているもので食べられそうなものをなんでも口に入れてしまうんです。

たとえば、ティッシュペーパー、ビニール袋、食べこぼした食べ物、etc。

たいていは、食べてもお腹をこわすようなことはめったにありません。なぜなら、人間と違い犬の胃腸はかなり丈夫だからです。

しかし時には、お腹をこわしてしまうことがあります。また、消化しきれないものだと、うんちとして外に出てきます。

また、拾い食いをすることで犬が太ってしまう場合もあります。特に、人が捨てたお菓子とかファーストフードなどは、犬が好き好んで食べてしまいます。

ただし、拾い食いは犬の本能といってもいいので、それをやめさせるのはなかなか難しいことです。

拾い食いをやめさせるには?

やめさせるのが難しい拾い食いをやめさせるにはどうしたらいいいのでしょうか?

具体的には、拾い食いをすることはしてはいけないことと理解してもらえるようにしつけをしないといけません。

しつけるためには、

1、拾い食いをすることを飼い主が望んでいないことをわからせる
2,拾い食いをしないとこで、犬にとって嬉しいことがあるとわからせる

この2つを実行するといいでしょう。

まず1ですが犬が拾い食いをしようとしたら、リードを引っ張ったり、言葉により拾い食いをさせないようにします。

犬は不快感を感じますので拾い食いをするときに躊躇します。

そして、実際に拾い食いをしようとしなくなったらご褒美として餌をあたえるようにします。

すると、「拾い食いをしなければ、ご褒美がもらえるので嬉しいことがある」と理解をするようになります。

すぐには、理解するのは難しいでしょうが根気よく癖付けをすると、拾い食いをしないようになっていきます。

ただ、いつも餌のご褒美を上げていると、餌をあげないと拾い食いをやめないので、餌は最初だけにして、慣れてきたら言葉かけ、頭をなでるなどにしていくとよいかと思います。

大事なのは、やはり飼い主が毅然として犬に対して、拾い食いはダメなことを伝えることです。

何もしないでいると、犬の拾い食いは、なくなりません。

まとめ

うちの犬も拾い食いをします。そのたびに、ダメだと言っていますが、なかなか拾い食いをやめません。やはり飼い主が根気よく、教えていく必要があるんです。

また、飼い主は何かが落ちていないかを注意して見て、その部分に犬が行かないようにすることも効果的です。そうすると、拾い食いをさせないで済みますから。

犬の拾い食いは百害あって一利なしです。

犬は何でも食べてしまいます。これは、致し方ないことです。

ですので、変な物を食べさせないようにすることは、飼い主の責任です。

くれぐれも拾い食いをしないように注意をしましょう!。