太った犬

飽食の時代と言われます。

メタボになる人が増えています。

でも、これは、人だけのことではなく犬も同じです。

病院などに行くと、かなり太った犬を見かけることがあります。でも、太ると成人病リスクが高くなります。

さて、どうしたら犬を痩せさせることができるでしょうか?

犬が太ってしまう原因とは?

犬をダイエットさせたい場合まずは、犬が太ってしまう原因を取り除く必要があります。

原因は、いくつかありますが、主要なものはこちら。

1、餌の量が多い
2、人間の食べ物を与えている
3、犬の運動が少ない、またはしていいない

まず1です。

犬の餌はたいていペットフードを与えているかと思います。適量を与えているなら太ることはあまりありませんが、餌の量が多いと太ってしまうことがあります。

次に2。

本来、犬にはペットフードを与えることが一番です。また、手作りで犬の餌を作るのなら、犬の年齢に合わせて、タンパク質が豊富な餌を適量与えることが必要です。

でも、多くの飼い主が人間が食べている食べ物を与えています。この場合、カロリーが鷹飼場合には、犬が太ってしまいます。

最後に3。

犬を家の中で飼うことが増えました。散歩をさせていても、歩く距離が少ないと犬は運動不足になり、太ってしまうことがあります。

犬のダイエットの方法

基本的な犬のダイエットの方法は、「食事を減らすこと」と「運動をさせること」です。

この2つを徹底してやれば、必ず犬は痩せます。

そのためには、飼い主が意識を変えないとダメです。

犬を太らせたままにしておくことは、犬が病気になるリスクを高めます。つまり、犬をダイエットさせないことは、犬が病気になることを放置しているということになります。

なるべく長く飼い犬と暮らしたいのなら、犬が病気になる危険を減らすために、しっかりダイエットを成功させないといけません。

まとめ

犬の健康を守るのは、飼い主の役目であり責任です。

もし、犬が太りだしたと思ったら定期的に体重を量り、体重変化をチェックしてあげるようにしましょう。

人間でも同じですが、早く対応すればするほど、早く犬は痩せます。

また、どうしても犬が痩せない場合、何かの病気であることもあるのでその場合は動物病院で診てもらうことがおすすめです。