果物

犬に人の食べているものをあげることは、基本的にはしないほうがいいです。

というのは、犬にとって悪い影響を与える可能性があるからです。

ただ、自分が食べているものを愛犬に食べさせたいという人もいると思います。

本日は、果物を犬に与えてもよいのかについてお伝えします。

与えても問題がない果物とは?

基本的に犬は、肉食です。なので、肉を食べているだけで健康な状態を保つことができます。

ですが、人と一緒に生活している犬は、肉以外のいろいろなものを食べることができるよになってます。

ですから果物を食べることもできます。

<与えてもよい果物>

・りんご
・みかん
・さくらんぼ
・バナナ
・桃
・柿
・スイカ
・キウイ
・パイナップル
・etc

逆に与えてはいけないもしくは、あまり与えない方がいい果物もあります。

<与えない方がよい果物>

・レモン
・グレープフルーツ
・ブドウ
・いちじく
・etc

果物を与える時の注意

犬は果物が好きです。

しかし、喜んで食べるからといってあげ過ぎてしまうと、下痢や嘔吐をしてしまうこともあります。

犬は果物を消化できるのですが、大量の果物だと消化しきれないこともあるんです。

また、犬によっては食べることができても嫌いな果物もあります。そういう時は無理に食べさせないようにしたほうがいいです。

犬は元々、果物を食べなくても生きていけます。ですので、無理強いをしてはいけません。

犬にジュースをあげても大丈夫?

「犬に果物を与えてもいいならジュースもいいんじゃないの」

こう思うかもしれません。

確かに、果物だけのジュースなら大丈夫です。

しかし、市販されているジュースには果物だけではなく、糖分やその他に各種添加物なども入っています。

ですので、犬にジュースを飲ませてはダメです。少量なら影響はあまりないと思いますが、犬には水の方がいいんです。

また、水ですが、人間が飲むようなミネラルウォーターを飲ませてはダメです。ミネラルウォーターに含まれる鉱物により、結石が作られる可能性が高くなるからです。

まとめ

基本的に犬は果物を食べなくても生きていけるので、与える必要はないです。

しかし、飼い主があげたいし、犬も食べたがっていたら食べさせることは可能です。

ただ、うちの場合、果物は基本的にあげていません。あげているのは、ドッグフードと犬用のおやつだけです。

人間の食べ物をあげだすときりがないし、万一犬の身体の調子が悪くなったら大変ですからね^^。