犬と猫

今、空前の猫ブームだそうです。

そして、猫を飼う人の方が犬を飼う人よりも増えているそうです。

では、犬と猫どちらを飼う方がいいのでしょうか?

犬と猫、飼うことのメリットとデメリット

ペットを飼うことは、メリットだけでなく、デメリットもあります。犬と猫、それぞれについて飼うことのメリットとデメリットはこちら。

犬を飼うことについて

【メリット】
・犬がいるだけで癒やされる
・他の犬を飼っている人と仲良くなれる
・犬の散歩で運動不足が解消できる
・一人暮らしでも犬と一緒だと寂しくない
・暮らしにハリができる
・etc

【デメリット】
・散歩に連れて行かないといけない
・トイレをさせないといけない
・お金がかかる
・予防接種をさせないといけない
・死ぬまで面倒をみる必要がある
・etc

猫を飼うことについて

【メリット】
・猫がいるだけで癒やされる
・他の猫を飼っている人と仲良くなれる
・一人暮らしでも猫と一緒だと寂しくない
・暮らしにハリができる
・犬のように散歩させなくてもいい
・etc

【デメリット】
・お金がかかる
・予防接種をさせないといけない
・死ぬまで面倒をみる必要がある
・外に出すと帰ってこないことがある
・家の中が爪とぎでぼろぼろになる
・etc

犬と猫、どちらを飼うのがいいか?

これは、個人の価値感しだいです。

単純に犬が好きなら、犬を飼えばいいでしょうし、猫が好きなら猫を飼えばいいと思います。

ただ、どちらを飼うにしろ動物を飼うなら責任があるということを自覚しないといけません。

犬の平均寿命は12年ぐらい、猫の平均寿命は15年ぐらいです。

人に比べたら短いですが、かなり長いです。

飼い主の年齢が若いなら、大丈夫でしょうが、歳をとってから気楽に飼い始めると、世話が結構大変です。

例えば、飼い主が50歳で飼い始めたら、猫が死ぬ時には、飼い主が65歳ぐらいになっています。

自分の年齢も考えながら、本当に世話がしっかりできるかを見極めてから飼うことが大事です。

まとめ

犬と猫、どちらも飼い始めるとかわいいと思います。

好きな方を飼えばいいんです。

私は猫を飼ったことがないですが、犬よりも世話は楽だと思います。その理由は、散歩に連れて行く必要がないからです。ただ、たまに猫にリードをつけて散歩している人は見かけますがw。

ただ、猫は犬ほど人になじまないので、外でもしリードが外れてしまったらどこかに行って戻ってこないこともあります。

ですから、散歩させる時は注意が必要です。