犬の餌と言えば、ドッグフードです。

「餌はどのようにして選んでいますか?」

犬種、年齢、素材。いろいろな選び方があります。

犬が歳をとったらどのような餌がいいのでしょう?

ドッグフード

高齢犬用の食事

今は、ペットフードがかなり進化しています。

年齢に応じて、適切な栄養が摂れるように配慮されています。

人と同じように犬にも個人差がありますが、高齢になったら高齢犬用のドッグフードに買える方がよいです。

高齢犬用のドッグフードは、成犬用に比べると脂肪分や炭水化物が減っていて、タンパク質が増えています。

また、高齢犬になると基礎代謝が減るので若い時よりも、食事の量は減らした方がいいです。

高カロリーなものばかり与えていると肥満になりやすく、それが心臓や腎臓などいろいろな内臓に病気を生じさせる原因となります。

成犬用のドッグフードを高齢犬に与えてもいいのか?

高齢犬用のドッグフードは、成犬用のドッグフードに比べて美味しくないことが多いようです。

そのため、高齢犬用のドッグフードをあまり食べないことがあります。

そんな時に、つい成犬用のドッグフードを与えてしまったということも、あるかもしれません。

ですが、そのようなクセをつけてしまうと、高齢犬用のドッグフードをますます食べなくなります。そして、カロリー過多となりかえって、犬のためになりません。

犬は、お腹がすけば高齢犬用のドッグフードを食べるので、じっくり待つ方がいいです。

また、どうしても食べてくれないような時には、別の種類の高齢犬用のドッグフードに変えるのも1つの方法です。

うちの犬の場合は、乾燥系の高齢犬用のドッグフードは嫌いなようでしたが、半生タイプに変えたら喜んで食べるようになりました。

お菓子などの与え方について

高齢犬になると、お菓子はどうすべきでしょうか?

何よりもカロリー制限をした方がいいと思うので、むやみには与えないようにします。

ただ、犬はお腹いっぱいまで食べたがります。ちょっとかわいそうと思うかもしれませんが、犬のためと思って与えるお菓子の量は少なめにします。

犬にとっては小さい時でも老犬になっても食べることは、楽しみの1つです。

ですが、与え過ぎることがかえって犬のためにならないということを飼い主が知っておかないといけません。

まとめ

高齢になると、消化吸収機能が落ちてきます。ですので、餌の量は少なめにして高齢犬用の餌を与えるようにするのがベストです。

餌のブランドは、どれがいいかは好みや犬の健康状態などを元に選べばいいと思います。

うちの犬の場合、特別高価なものを与えているわけではありませんが、高齢犬用のドッグフードで犬が好んで食べるものをあげるようにしています。

与える量については、若い頃の6~7割程度です。

ちょっとお腹をすかせている感じはしますが、薬を与えている時に別の餌に混ぜているので、食べている量は若い頃の8割りぐらいかと思います。

どちらにしろ、犬の年齢や状態(病気など)に合わせて餌の種類や量などをしっかりコントロールすることが大事です。