老犬

健康な犬なら普通は、お腹がすいていると餌をどんどん食べます。

ですが、時には餌を与えても全然食べないこともあります。

そんな時、飼い主としては、「どうしたんだろう?」と心配してしまいますよね。

犬はなぜ餌を食べないのでしょう。

犬が餌を食べないのには、ちゃんと理由があります。

1、歳をとっているため

人間と同じで、歳をとってくると若い頃よりも餌を食べなくなってきます。

高齢犬になってくるとだんだん動作も遅くなり、消費エネルギーも減ってきて食べなくても大丈夫になるんです。

なので、年齢が高くなり食欲がなくなってきたら食事の量を減らしたり、老犬専用のドッグフードに変えるようにした方がいいでしょう。

ただし、全く食べないのであれば動物病院に行って診てもらう方がいいです。

2、体調がよくないため

下痢、発熱、など体調がよくなくて食欲がなくなり餌を食べないことがあります。また、歯の調子がよくなくて食べれないこともあります。

そのような時には即座に病院に連れていった方がいいでしょう。

人間と同じで幼犬の場合は体力がないので、病気になることが命取りになることもあります。特に最近よく飼われる室内犬はデリケートなので病気には気を付けないといけません。

体調がよくなれば食欲が戻ります。

3、緊張しているため

犬も人間と同じで環境が変わると緊張します。だから、はじめて行く場所や他の犬がいるようなところに行き緊張してしまうと、好きな餌であってもお腹がすいていても食べないことがあります。

しかし、時間が立つにつれて慣れてくると緊張も収まり餌が食べれるようになります。なので、通常は心配は不要です。

緊張しがちな犬であれば、日頃から散歩でいろいろな所に連れて行き、新しい環境に慣れさせておくといいかもしれません。

4、餌が気に入らないため

同じ餌を毎日与え続けると、餌に飽きてしまい食べないことがあります。また、嫌いな餌だと食べなかったりします。

この場合、放っておけばいずれお腹がすくので餌を食べます。

餌が食べないことが続くようであれば、餌を変えてみるのも1つの方法です。

ただし、何度も餌を変えるのはダメです。なぜなら、犬は食べなければ餌を変えてもらえると思って甘えてしまうからです。

節度を持って犬と接しないと、甘くみられてしまい飼い主が犬よりも下の順位になってしまいます。

5、お腹がすいていないため

飼い主がおやつや自分の食べているものを頻繁に与えていると、食事の時間になっても犬のお腹がすいていないことがあります。また、運動をあまりしていないとお腹がすきにくくなります。

このような場合、餌を与えても食べません。ですが、これは当然のことですよね。

だから、飼い主は、むやみに犬に食べ物を与えてはいけません。餌を食べずにおやつや人間の与える食べ物ばかりを食べていたらいずれ病気になってしまうでしょう。

あくまでも食事の基本はドッグフードです。

また、運動不足でお腹がすかない場合は、犬を散歩に連れて行くなど運動をさせることを習慣にしてください。そうすれば、お腹がすくので餌を食べるようになります。

まとめ

犬が餌を食べない理由はこちら。

1、歳をとっているため
2、体調がよくないため
3、緊張しているため
4、餌が気に入らないため
5、お腹がすいていないため

たいていの場合、犬が餌を食べなくても心配はいりません。

ですが、高齢であったり病気の場合には注意が必要です。

無理に食べさせようとしても難しいことが多いので様子を見て、数日経っても餌をほとんど食べないのであれば、動物病院で診察を受ける方がよいでしょう。