遠吠え

遠吠えとは、声を長く引いて吠えることです。

遠吠えは、どんな時にするのでしょうか?

また、防災無線の音に遠吠えするのはなぜでしょうか?

犬が遠吠えをする理由とは?

遠吠えをする犬はたまに見かけます。明確な理由はまだわかっていないようですが、

・寂しくてそれを表現するために遠吠えをする
・音に反応して遠吠えをする
・縄張りや自分の居場所を伝えるために遠吠えをする

などの理由があるためと言われています。

防災無線の音に遠吠えする理由とは?

犬の祖先はオオカミです。オオカミは仲間同士で遠吠えをしますよね。

防災無線の音に反応して遠吠えする犬は、これと同じと考えられます。

つまり、防災無線の音は高い周波数なのでこれが犬の遠吠えに似ているので、犬が防災無線の音を仲間の犬の遠吠えと勘違いをして遠吠えをしているということです。

ただ、ほとんどの犬は遠吠えをしません。なぜなら、遠吠えをするのはそれが必要だったからで、今の飼われている犬には必要ないからです。

遠吠えやめさせることはできるのか?

犬の遠吠えは、本能的なものです。

原因にもよりますが、防災無線の音は止めることができないので遠吠えをやめさせることは難しいです。

しかし、遠吠えをしている時に、他のことに関心を向けられたら遠吠えはある程度、抑えられます。

たとえば、飼い主が犬におすわりやお手などの指示を出したり、おやつを与えたりすると、関心がそちらに向き、遠吠えをやめます。

また、遠吠えが聞こえにくい場所に犬を移動させたり、犬がいる場所で音楽を鳴らすなどすると、遠吠えはしにくくなります。

ただし、100%遠吠えをやめさせるのは難しいかもしれません。

まとめ

遠吠えをするのは犬の本能です。教わったわけでもないのに、するんですからね。

原因によっては遠吠えをやめさせられると思いますが、防災無線の音の場合は不可抗力でしょう。

どうしても遠吠えをやめさせたいなら、犬の耳をふさぐしかないかもしれません。耳をふさいで防災無線の音が聞こえなければ、遠吠えしなくなるはずです。

ただし、最近は防災無線の音が電子音になっていて周波数が異なるためか、遠吠えをしなくなってきているようですよ。