犬が舐める

犬はいろいろな行動をします。

その1つがペロペロと自分の身体の一部を舐めたり、人や物などを舐めることです。

すべての犬がペロペロをするわけではありませんが、なぜ、ペロペロしてしまうのでしょうか。

1、人に愛情や餌を欲求している

寂しがり屋の犬だと、人になでてもらったり、触って欲しくて人の関心を引くためにペロペロしてくることがあります。

また、お腹がすいていたり、おやつを食べたかったりして人を舐めることもあります。

この時に、その欲求に答えてばかりいるとペロペロをすると、おやつがもらえると思ってしまい、あげないと吠えて怒ってしまうこともあります。

ですので、基本的には決まった時間にしか餌やおやつは、あげないようにする方がいいです。

2、痛みの軽減や治療をしている

自分の身体に痛みがあったり、傷があるとその部分を舐めることがあります。

たいていの痛みや傷は自然治癒力で治りますが、場合によっては治らないこともあります。

また、オス犬だと性器を舐めることもあります。その場合、単に癖で舐めていることもありますが、膀胱炎などの病気にかかっている可能性もあります。

ずっと、舐め続けてそれが止まらないようであれば、動物病院で診てもらうといいでしょう。

3、餌を探している

家の中に飼っている時に床などを舐めたり、散歩をしていて地面を舐めることがあります。

これは、何らかのにおいに反応して、それが食べられるかどうかをチェックするためにペロペロと舐めている可能性が高いです。

ただ、床や地面などには、口に入ると危険なもの(ガラス、化学物質、etc)もあるかもしれません。

ですので、見つけたらすぐにやめさせるようにしたほうがいいです。

4、ストレス解消

犬にストレスがあると、自分の手足をペロペロと舐めることがあります。

舐めることでストレスを解消しようとしているんです。

人が一緒に遊んであげたり、散歩に連れていくなどしてストレス解消させれば改善する可能性があります。

5、暇つぶし、遊び

人にかまってもらったり、関心があることがないと犬も退屈します。

そんな時に、自分の手足をペロペロと舐めたりします。これは、暇つぶしだったり遊びのようなものです。

だから、他に関心があるものなどがあると、すぐにペロペロをやめて新しく関心のある方に興味が移ります。

まとめ

犬が自分の身体や人や物などをペロペロと舐めるの理由をまとめると、こちら。

1、人に愛情や餌を欲求している
2、痛みの軽減や治療をしている
3、餌を探している
4、ストレス解消
5、暇つぶし、遊び

ペロペロと舐めることを放置してもいい場合がほとんどですが、場合によっては怪我や病気の場合もあります。

ですので、本当に問題ないかをちゃんと見極めることが大事です。

もし、理由がわからなくて気になる場合は獣医さんに相談してみるといいでしょう。