犬は元気ならオシッコはちゃんと自分でできます。でも、病気になったりしてオシッコができないと、とてもつらいです。

そして、オシッコができないと場合よっては命が危険になります。

犬の圧迫排尿

圧迫排尿とは?

圧迫排尿って言葉を聞いたことがあるでしょうか。

圧迫排尿とは、「犬の膀胱を圧迫することで、強制的に排尿させること」です。

犬は、病気や怪我、高齢などで自分ではおしっこができなくなることがあります。

このまま放置すると、膀胱炎などとなり最悪の場合、亡くなることもあります。

圧迫排尿のやり方について

基本的には、犬の膀胱に手を押しあてて押し出すという感じでやります。

動画があるのでこれを見ると分かり易いです。

また、動画を見てもよくわからない時は、動物病院に行って直接手取り足取りで教えてもらうといいでしょう。

圧迫排尿を自分ではできない場合

どうしてもできない場合は、短期間であれば動物病院などに預けてやってもらえばいいでしょう。

ですが、ずっと動物病院に預けているわけにもいきません。

ですから、飼い主または飼い主の家族ができるように覚えないといけません。

しかし、事情によってできない場合は、犬の世話ができないってことになります。

このような時には、犬の世話をしてくれる施設に預けるとか世話ができる人に依頼をするしかありません。

ただし、施設に預ければ当然費用がかかります。

まとめ

犬にとっておしっこができないことは、とてもつらいことです。

ですので、犬の負担を減らすためにも、おしっこができない時は圧迫排尿をしてあげる必要があります。

圧迫排尿をしないといけない事態というのは、老齢になった犬や病気や怪我をした犬では、起こりうることです。

なので、もしそうなったら飼い主や家族は覚悟をしないといけません。

とても大変ですが、おしっこができない犬はもっと大変なのです。

圧迫排尿は、やり方さえ覚えれば難しくはありません。無闇に不安にならず、自信を持ってやりましょう^^。