ペット保険

「ペット保険って知ってますか?」

ペット保険とはペットが動物病院で受けた治療費の一部を補償するための仕組みです。

人間の場合、病気や怪我をして病院で治療をしても保険に入っていれば負担額はかなり減ります。

でも、ペットの場合、動物病院で受けたときの治療費は全額自己負担になります。ですから、動物病院で手術をしたり、診察してもらい薬をもらうとかなりの金額になります。

初めて動物病院に行く人は、その治療費の高さにビックリするかもしれません。

もし、動物病院に通うことが多いとその負担額に耐えきれず犬を手放さないとならなくなることもあります。

しかし、ペット保険に入っていれば、この負担が軽くなるのでペットと安心して暮らせます。

ペット保険のメリット&デメリット

「ペット保険に入ろうかな?」と思ったらまず、調べることが大事です。

内容を知らずになんとなく入ってしまうと、あとで後悔するかもしれません。

後悔しないためにも、ペット保険のメリットとデメリットは知っておくほうがいいでしょう。

<ペット保険に入ることのメリット>

・ペットの治療費の経済的負担が減る
・保険に入っていることで安心感を得られる
・etc

<ペット保険に入ることのデメリット>

・保険料を支払う必要がある
・持病や治療中は入れないことがある
・年齢によって、入れないことがある
・保険料が毎年変わり負担が増える
・保険金が支払われる条件がある
・etc

ペット保険は入った方がいいのか?

人が保険に入る場合にも、「保険には入った方がいいのか?」と迷うことがありますよね。

万一の場合に備えたいなら保険に入った方がいいけど、経済的負担が大きいと生活を優先し、保険に入らないほう方がいいという考えもあります。

要するに、保険に入るかどうかは、何を一番優先するかという問題なので保険に入る人の価値感次第となります。

ペット保険についても同じです。100%入ったほうがいいわけではありませんし、入らないほうがいいとも言えません。

飼い主がペット保険についてどう考えるかで、決まります。

どのようなペット保険があるのか?

ペットがたくさん飼われるようになり、動物病院に行くペットも増えています。

これに伴って、ペット保険の需要も増えてペット保険会社もたくさん出てきてます。

<ペット保険会社一覧>

・アイペット損害保険株式会社
・アクサ損害保険株式会社
・アニコム損害保険株式会社
・イーペット少額短期保険株式会社
・au損害保険株式会社
・日本アニマル倶楽部株式会社
・ペットメディカルサポート株式会社
・ガーデン少額短期保険株式会社
・もっとぎゅっと少額短期保険株式会社
・株式会社FPC
・ペッツベスト少額短期保険株式会社
・ペット&ファミリー少額短期保険株式会社
・もっとぎゅっと少額短期保険株式会社

保険会社によって、保険料、保障内容、保障条件、特約条件などが違います。

たくさんあるので調べるのは結構大変です。

ペット保険の賢く選ぶためのポイント

ペット保険を選ぶためには、ポイントがあります。

(1)ペット保険会社の情報収集(金額、保障内容、条件など)
(2)ペット保険会社の比較サイトや口コミサイトをチェック
(3)実際に保険に加入している人に直接話しを聞く
(4)ペット保険の専門家に相談する

まずは、(1)~(4)によりペット保険についての知識を蓄えて、自分がもっとも満足のいく保険会社を選ぶようにします。

まとめ

ペットの高齢化、長寿化に伴い、ペットの治療費も年々上昇しています。

このような流れの中、ペット保険を利用する人も増えていますが、保険のトラブルも多くなってきています。

もし、ペット保険に入る場合は十分に検討して入る必要があります。

特に注意しないといけないのは、保険料、保障内容、保障条件です。

そして、納得するまで十分に検討してから、ペット保険に入ることが大事です。

ちなみに、私はペット保険を利用していません。それは、必要性を感じていないためです。

ペット保険の一番のメリットは治療費負担の軽減ですがよほど大きな病気や怪我になった時じゃないとメリットはあまりないと思うからです。

ただ、ペットに高い治療費を払ったことがあるは、保険に入っていたほうがよかったって思うでしょうね。

まあ、損得勘定だけで決められないのが保険ですので、ペット保険に入るか入らないかは、個人の価値判断次第です。